仕事

【体験談】新卒3年でブラック企業のリーダーになり退職しました

こんにちはテルミです。

今回は前回の記事で書ききれなかった、私が退職するキッカケとなったリーダーになってからの日々を記事にします。

前回の記事→【退職】ブラック企業で5年間働いていました

退職して2ヶ月経ちますが、本当に大変すぎてつい最近のように感じてスラスラ書けました。

ちょっと長いかもしれませんが、最後までお付き合いください!!

リーダーに昇格するまで

私は前職で3年間ライン作業者をしていました。ただの平社員ですね。

この時は「毎日毎日同じ仕事で面倒くさいなぁ(鼻ほじ)」ぐらいにしか思っておらず、隠キャ丸出しで1人で休憩して仕事終わったら誰よりも早く着替えて帰宅していました。

なんですが、4年目にリーダーに昇任したんですよ。ここから私の日常が崩壊し奈落の底へ叩き落とされました。

まず私はリーダーなんかやりたくなかったんですよ。半年に一回行う上長との面談で頼まれたんですが、周りの先輩やリーダーの人から「めっちゃ大変だから、絶対にやらない方が良い」って聞いてたので断固拒否したんですね。

それから1ヶ月後に配られたシフト表を見たら、私はいつもの作業者欄に名前はなく、リーダーの見習いの欄に移動させられていました。さすがに笑っちゃいましたね。何の為の面談だったのか、最初から決定事項だったんじゃねーかよって感じで(笑)

もう嫌嫌ですけどやってやりましたよ。ごちゃごちゃ揉めるのもメンドイし、やりたくないってごねてシフト作り直させるのも、なんかカッコ悪いじゃないですか。

それと、どうせいつかは昇格するわけで早かれ遅かれだと思ってましたし。

まあ、後から思うと上長の思惑通りで腹が立ちますが。

そして半年間の見習い期間を終え、無事にリーダーへと昇格しました。

そもそもリーダーの仕事内容ってなに?

私の会社におけるリーダーの仕事内容は主にこれでした。出勤してからの流れで説明します。

1日の流れの確認と段取り

これは出勤して最初に取る行動でした。日勤と夜勤で別れているのでリーダー間での引継ぎを書いておくノートがあります。それを見てから行動に取り掛かります。たまに、トラブルがあったから機械を動かす時は注意しろとか動かさないでなど書かれてる時があるから要注意でした。

その後に計画表を見て生産する物は何かを確認して準備したり、今日中に生産がどこまで出来るか計算したりしました。これらをするだけで30分以上はかかるので、業務開始の30分以上前には現場にいないと間に合わないです。リーダーになってから目覚ましのアラーム予約は20分早くなりました。

あっ、もちろん30分早く現場にいても給料は発生しないですよ☆

出来上がった製品の検査

業務開始でラインが動き始めたら、出来上がった最初の製品を作業者から貰って検査します。製品が本当に正しいかチェックするので、もし違っていたら大変ですしリーダーが見落としても大変なことになります。

その製品を出荷した後に発覚しお客様から苦情が来ると、場外流出をしたと上司にめっちゃ怒られて始末書を書かされ面倒くさいルールが追加されます。

私は一度も場外流出はしたことないですが、一年に一回は他のラインで場外流出していて怒られてました。

個人的にこれが一番の要注意作業でしたね。

作業者が記入した書類のチェック

1日で5回は作る製品の切り替わりがあるのですが、1つの製品が終わったら作業者は書類の記入をするんですよ。

それを全て回収して、誤字誤記入がないかのチェックです。これは一番楽でしたが見落としていると管理者から注意されます。

トラブルの対応

機械のトラブル、作業的トラブル、人間的トラブル、全てリーダーが行います。

機械のトラブルは基本的に直せないので、修理専門の人に電話して来てもらいます。そこで直し方を見て覚え、次にトラブルおきても自分で直せるようにしていました。

作業的トラブルは上記でも書いた検査で発覚するやつです。すぐにラインを止めさせ、どこから違っていたのかを判別します。その後に手直ししますが、時間がない時は無能の上司に報告して手伝ってもらいます。

人間的トラブルは、体調の悪化や女性の場合は生理などですね。人が足りないとラインが動かせないので、こればっかりは無能の上司に来て貰って対応してもらいました。

めっちゃザックリ説明でしたが、大体はこんな感じです。あとは朝礼終礼とか次の日の人員配置もやってました。

退職のきっかけ

リーダーになってから毎日がめっちゃ大変でしたね。特に作業的トラブルがあったらリーダーは対応しなければならないので他の仕事が溜まっていくんですよ。なので必然的に残業して業務を片付けないといけなく帰るのが遅くなります。

こうした疲労が蓄積すると細かなミスの原因にもなり、無能の上司に怒られる機会が増えました。2、3回怒鳴りつけられて、壁を蹴られた事もありましたね。

あとリーダー手当が○千円しか貰えなかったのは笑いました。

それでも我慢して1年半ぐらい続けていましたが、去年の11月に転機が訪れました。

無能の上司に部署の移動を命じられて、違うラインのリーダーを頼まれたんですよ。仕方なく承諾してそこで2ヶ月間の習熟期間があったのですが、教える人が前の記事で書いた会社で1番無能で嫌われてる上司だったんです。

もうマジで最悪でした。全然教えてくれないし、一週間で仕事を丸投げされたんですよ。

「わからないことがあったら呼んでくれ」と言われ、そいつは管理室で仕事サボってたんですよ。

トラブル起きたら呼びに行ったり、違う事起きたら呼びにいったりの繰り返しでした。しかも毎日私よりも先に帰っていたので、夜勤のリーダーの人に片付けを教えて貰ってました。

もう毎日クタクタで、その時は毎日4時間以上残業していましたね。

正直もう辞めたいと思いながら、でもあと1ヶ月で習熟も終わりだからそれまで我慢しようと言い聞かせて頑張っていました。

12月になり、かなり仕事を覚え始めた時に機械のトラブルが起きました。最悪のトラブルで半日ラインが停止したのですが、それの対応に無能の上司が立ち会ってくれなかったんですよ。

報告はしたのですが、「ならライン停めて修理の人の指示に従って」と言われて何も手伝ってくれませんでした。

私はイライラを通り過ぎて悲しくなってきましたね。結局そのトラブル対応のせいで自分の仕事がめっちゃ溜まり追加残業して片付けていました。

するとその上司が私のところに来て、「まだ仕事終わってないの?俺先に帰るから、早く片付けろよ」って言ってきたんですよ。

人間、本当に怒った時って頭が真っ白になるんだなと知りました。

その一言で私はどうでも良くなって、辞める決断をしました。

帰ってから親に説得して、なんとか認めてもらい次の日に所長に辞めたいと言いに行きました。1時間ぐらい話し合ってやっと許可されましたね。

オッケー貰えた瞬間の開放感ハンパなかったです(笑)

それから1ヶ月間働いて、無事に退職しました。

最後に

以上が私の実体験で退職のきっかけでした。いかがでしたか?

リーダーになってから本当に地獄でしたが、精神的に強くなれたなと思います。

そこの部分に関しては感謝ですかね(笑)

転職を考えてる方、これから就活の方は私のような会社に入らない事を願っています。

もし私と同じく大変な企業にお勤めの方がいましたら、本当に毎日大変だと思いますが応援しています。辞めたいけど辞められない方もいらっしゃると思いますが、無理せず体調面を第一に考えて下さいね。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!それでは次の記事でお会いしましょう( ´ ▽ ` )ノ

-仕事
-,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.